教員採用までの流れと求人情報

中高生時代に学校の先生の一言に感動し、自分も生徒の心を動かせるような先生になるぞ!と誓った人もいるでしょう。では先生になるには、どういった流れで教員というゴールに到達することができるのでしょうか?

まず先生といっても、世の中には幾つかの種類が存在しますよね?小学校には小学校の先生がいますし。また中学や高校時代を思い出せばわかると思いますが、各教科によって先生が違いましたよね?小学校では特殊な授業以外は同じ先生(担任)が勉強を教えていたと思います。

このように教員採用試験にあたっては、事前に「なりたい」と思っている学校の種類や教科を決めておく必要があります。そして、それに応じた教員免許を取得しなければいけないのです。

統計的に見ると教育学部出身者の方が短大卒業者よりも約3倍、先生になっている人の数が多いですので、大学入学前に教員という目標が決まっているのであれば、教員の養成をおこなっている大学へ通ったほうが効率的だと言えます。

そして実際に教員採用試験を受けることになるわけですが、教員採用、募集のことなら【なる!教員!】というサイトを利用してみると便利です。こちらは教員採用を専門にした数少ない求人サイトですので、希望に合わせて職を見つけることができるでしょう。利用登録は無料ですので、会員登録だけでもしておいてはどうでしょうか?

◆詳細◆教員採用、募集のことなら【なる!教員!】

筋肉の描き方にも注目!

連休は、行楽地などへ出かけるなんて人も多いと思いますが、たまには家でゆっくり過ごしたりするのもいいかと思います。
ちなみに私は今年の連休はほぼ家の中でまったりと過ごす予定なのですが、何をして過ごすのかというと、主に読書タイムにしようかと思っています。
まあ、読書といっても難しい小説などは逆に疲れてしまいそうなので、大好きな漫画などを読んでリラックスしようかな・・・なんて考えています。
同じく漫画好きの友人におすすめのものを聞いたりして、いろいろな電子書籍サイトを見ているところなのですが、【コミック | 人気の電子書籍ならゴマブックス】というサイトは結構探しやすくてよかったですね。
ちなみにそのサイトで、こんな漫画を選んでみました。

「聖マッスル 上」

マッスルというタイトルからもわかるように、マッチョな男性が活躍するような内容になっています。実は友人に一度読んでみるように言われて選んでみたのですが、筋肉フェチな私はかなり楽しめました(笑)
キャラもちょっとはちゃめちゃな感じで、内容もぶっ飛んでいる感じはありますが、そこがまた面白いと感じました。
ちょっとアメコミっぽい描き方なので、アメコミ好きの人にもオススメかもしれないですね。
とにかく一度読んでみると、この世界観が伝わるのではないかと思います。

人気の電子書籍ならゴマブックスからどうぞ!